スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のレシピ

お嬢様、旦那様、こんにちは。
ななです。

秋のキラキラとした陽光が美しい午後、
近くの公園まで銀杏を観に出かけました
今が一番綺麗な時ですねー。
最近、新しく真っ赤で可愛い折りたたみ自転車を手に入れまして、
自転車でのお出掛けがとても楽しくなりました。
寒くなるちょっと前のこの時期、
サイクリングは良い気分転換にもなります。

帰ってきて、今日もスコーンを焼いてみようかと。
たまにはオプターティオのレシピ以外のスコーンも焼いて
良い部分は次回取り入れてみたいですねー。
動画検索してみました。


このお爺様のスコーンの作り方はオプターティオと少し似てます。
スコーンはかなり小さめですが、この位を2~3個というサイズが
お嬢様の小さめなお腹にはぴったりだと思います。
このお爺様、使ってる道具が可愛いですねぇ。
エプロンに鍋つかみ、底の深いボウルも。
そして最後にパクッと味見しちゃうお爺様も可愛いです。


こちらは英国の女性が作るスコーン。
なんと言いますか、パワフル!!はっきり言って雑!
粉の振り方、生地のまとめ方、バターの塗り方…豪快です。
でも(こんな簡単な感じでも良いんだ!出来るんだ!!)と
非常に肩の力が抜けるスコーンレシピ。
思い立ったらすぐ出来るもの。
こういうのが案外凄くおいしく出来ちゃったりしますよね(笑)


こちらはなんと
「粉・炭酸水・クリーム」の3つだけでスコーンを作ってしまいます。
バターも卵も入れないなんて!!
真っ白ふかふかの白パンみたいなスコーンが焼きあがります。
色々なレシピがあるものですねぇ。


お腹がぷっくり可愛いおじさま。
この人はなんとホットプレートでスコーン焼いちゃいます!
最初に見たときは本当に衝撃でした。

スコーンというのは
誰にでも作れるという間口の広さと
自分だけが知っているというオリジナルの奥深さ、
その両方を持っている
新しいけどトラディショナルな面白いお菓子だと思います。

そして、みんなが
「このレシピ良いでしょ?」って
楽しそうに作ってるのが本当に素敵です
スポンサーサイト

trackback

copyright (c) オプターティオ all rights reserved.

オプッター(Twitter)

QRコード・ランキング

公式モバイルサイトへはこちらからどうぞ。

QR


旦那様によるオプターティオ携帯応援サイトがございます。キュートで美麗です。
QR_Code.jpg

ランキングに参加しています。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。